労働災害を低減するための心理・行動特性判定システム
 

現場力シリーズⅠ安全力

 本判定システムの狙いは、各質問に対する反応を通して、改めて自分自身の「安全力」を再認識させることにあります。安全を支える自分の力がどの程度なのかを気づかせることはきわめて重要なことです。また、個人の結果を知ることで、きめ細かな今後の安全指導や対策を立てる資料としてもお役立ていただけます。

安全を意識し、実践していく力。リスクを見つけ、排除する力を判定します

 「安全力」には、遵法精神・安全遵守という力と危険予知力・危険回避力という力の2つの力が必要です。しかし、どちらもその程度が問われます。たとえば、安全第一主義を優先しすぎると、前に進めなくなります。ミスを怖れすぎると、判断の遅れが生じ、結果的にエラーに結びつきかねません。 このように安全力には心理・社会的要因が関連しています。本判定システムでは性格的側面と社会的側面の2方向から質問項目を設定しています。
イメージ画像
  評価項目
社会的側面 1.遵守・規律性
2.安全態度
3.安全志向性
性格的側面 1.情緒不安定性
2.衝動性
3.自己中心性
【個人用】
判定結果には、アドバイスを明記します。
【管理者用】
判定結果には、指導のポイントを明記します。

 

お問い合わせ/ご注文は

株式会社 つくし工房 まで
Tel:03-3977-3333  URL:http://www.tukusi.co.jp/