注意力の測定検査
 

<注意スタイルチェック ASC(アスク)> 特徴

注意力の欠如が、重大な事故を引き起こす要因!社内の人間が引き起こす”ヒューマンエラー”は、時には会社や社会に壊滅的なダメージを与えるまで発展します。安全確保への努力は、企業の社会的責任です。
イメージ画像
「事故防止や作業安全のための教育や指導を行っても効果が上がらない…」という声が多く聞かれます。管理をする側にとって、何をポイントにして安全教育を行ってよいか解らないというのが原因ではありませんか?
 また、安全教育を受ける従業員にとっても自分が学ぶべきポイントが解らない、作業現場で「自分がこんなミスをするはずがない」という思い込みがあります。
注意スタイルチェック”ASC(アスク)”は、注意意識や安全行動に関する自己評価と実際の行動を比較し、自分自身の注意力に対する思い込みやギャップを認識してもらうことに主眼を置きました。
”ASC(アスク)”の判定結果は、16種類の傾向(スタイル)に分けられ、注意力アップや主観と客観のギャップを埋める為のアドバイス等を提供します。 自分の注意力の傾向を認識することにより、今後の安全行動への動機付けを促すことこそが、安全教育を効果的に行うためのポイントになると確信しております。

 

ご相談・お問い合わせ